授業と学習に関するアンケート

授業と学習に関するアンケート

大学教育研究開発センター

本学では、毎学期末、学士課程の授業を対象に「授業と学習に関するアンケート」
(略称:授業アンケート)を実施しています。教員・学生の皆様のご協力をお願いします。

2016年度冬学期より「授業と学習に関するアンケート」(略称:授業アンケート)は、WEB(manaba)で実施します。WEB化にともない、学士課程教育科目のすべての授業がアンケート対象科目となります。下記資料の実施要領およびマニュアルを参考にして実施ください。

授業アンケートの目的は2つあります。最も重要な目的は、授業に対する意見を受講生に尋ね、各授業を改善していくことです。アンケート結果は、教員にとって次学期以降の授業を改善する上で重要なデータとなります。

もう一つの目的は大学としての教育責任の遂行と教育成果の確認です。大学として授業がきちんと行われているか、また教育の成果が上がっているかを確認する資料となります。本学の授業アンケートでは、学部やエリアごとに指定された質問を追加できる欄を設けており、カリキュラムに対する要望や学習状況のチェックに活用されています。また、授業ごとに個別質問を自由に追加することもできます。

なお、毎学期のアンケート集計結果については、附属図書館、東学習室で閲覧することができます。授業アンケートに対する教員・学生の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。また、アンケートに関するご意見・ご質問がありましたら、下記までお寄せ下さい。

<資料>

◆授業アンケートに関するご意見・ご質問はこちらへ

大学教育研究開発センター TEL 042-580-8996

このページの上部へ