実施体制

 副学長(教育・学生担当)の下、大学教育研究開発センターを実施主体とし、学生相談室、附属図書館と連携しながら、学士課程教育全体を支える実施体制を構築する。学内に既に設置されている学部代表教員から構成されるGPA制度運営委員会と連携しつつ、諸活動の実践と評価を行う。授業開発や修学支援で相当な役割を担うSTAやメンター、チューターの採用とその教育力開発については、連携する大学院等の綿密な協力を仰ぎながら進める。

 事業の推進においては、大学教育研究開発センター内に「成績評価制度」「授業開発」「修学支援」それぞれの主担当部門を配し、事業の具体的活動、RA(各部門に1名)の採用を行う。また、事業全体を推進するために特任スタッフとして、特任講師1名、助手相当の研究補助員2名および事務補佐員2名を採用する。また、大学教育研究開発センターのIRを行う「教育活動評価部門」が全部門に対し、情報やデータの提供を行うとともに、事業効果の検証と自己評価を行う。

実施体制図

実施体制