GPA運用支援・成績制度

 本学では平成22年度より全学部においてGPA値が卒業要件となりました。この制度を効果的に機能させるよう、(1) FDと成績制度研究会の企画・設計・実施、(2) 評価基準の明確化と評価平準化の手法作成及び評価基準の公開 を促進します。

 これを支えるIRは、成績推移と履修行動のモニタリングや成績不振者の理由解明を行い、修学支援へつなげつつ制度の発展的見直しを図ります。

GPA運用支援《概念図》