国立大学法人 一橋大学 平成19年度採択 現代GP
HOME > 平成19年度採択現代GP > キャリア形成に関わる諸科目 > キャリア教育協力科目

キャリア形成に関わる諸科目

キャリア教育協力科目

平成20年度 キャリア教育協力科目講義概要

「企業社会論」担当教員:谷本 寛治

今、ローカル/グローバルに問われている様々な社会的課題に、ビジネスセクターやNPOセクターがどう取り組むか、また自らどうかかわれるか、を考えることを通して、自らの将来のキャリアを考える上での指針を与える。

「まちづくり」担当教員:林 大樹

地域社会においては住民自身はもちろんのこと、地方公共団体の役職員、民間企業・団体の役職員、NPOの役職員、および住民組織の役職員等が連携・協働して地域社会の問題解決に当たったり、共同で事業を企画・実行することが求められる。
まちづくり授業においては、学生自身が組織を編成し、プロジェクトを企画して、地域社会を構成する様々な組織あるいは個人との連携・協働に取り組む。
こうした「まちづくり」活動に取り組むプロセスにおいて、市民社会において求められるコミュニケーション能力やリーダーシップ能力などが養成される。

「コミュニケーションと表現/教養ゼミ」担当教員:高尾 隆

「コミュニケーションと表現」では、インプロ(即興演劇)を教育手段として用いながら、アクティビティーやグループ作業を通じて体験的にコミュニケーションと表現について学び考えている。
「教養ゼミ」はインプロを学ぶことを目的としたゼミで、ともに即興でつくっていく際の仲間との関わり方、物語のつくり方、演技などを学び、最終的には劇場での公演を行っている。
このような協同作業が初めてであるという学生、また、クラスや部活・サークルでうまく人間関係をつくれなかった学生が、コミュニケーション能力について学び人間関係をつくり居場所をつくることに成功している。
これらの授業は、キャリア形成の基盤となる自分を見つめ直す力、人と関わる力を養う場としても機能している。


このページのトップへ
〒186-8601 東京都国立市中2-1 大学教育開発研究センター TEL 042-580-8996
Copyright ©2008. Hitotsubashi University. All Rights Reserved.