∞∞∞  第283回  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞   
   

報告者: 鵜飼 哲 氏

題  名:  ジャック・デリダ「詩とは何か」再読

要 旨:  (添付ファイルでも以下の例会要旨をご覧頂けます。)      
      ジャック・デリダの小さな詩論「詩とは何か」はイタリアの雑誌『Poesia』
             にまずイタリア語訳で(1988年)、続いてフランスの雑誌『Po&Sie』にフ
             ランス語原文で発表された(1989 年)。日本語訳は1990年、湯浅博雄と
             鵜飼哲の共訳によって刊行された(『現代詩手帖』、総展望「フランスの
             現代詩」)。ハリネズミを詩のアレゴリーとするこの難解なテクストは、デ
             リダの前期の文学論、中期の翻訳論と後期の動物論を架橋する位置
             にある。このハリネズミの由来についてデリダはのちにいくつかの示唆を
             与えている。また現在では他にも有力な参照文献が推定される。これら
             複数の角度から、かつて拙論「ハリネズミの前で」(『現代思想』、1991年
             2月)で行った読解の更新を試みたい。

Synopses at the regular meetings
         of the Hitotsubashi Language Institute